フットサルのポジションの呼び名、役割、戦術について詳しく解説!

サッカーのポジションはよくテレビのスポーツコーナーで言われているのでFW、MFなどあまりスポーツに詳しくなくても知っている人が多いでしょう。しかし、フットサルのポジションの名前についてはあまり取り上げられる機会がありません。お互いに似ているスポーツですが、ポジションの名前は全く違います。そこで今回はフットサルのポジションの呼び名やその役割、さらに戦術について紹介していきたいと思います。

フットサルのポジションとその役割とは?

フットサルのポジションはゴレイロ、フィクソ、アラ、ピヴォの4つです。サッカーとは全く違いますね。それぞれ攻撃や守備など基本的な役割はありますが、フットサルは場面に応じて全員で攻め、全員で守ることもあります。それでは早速各ポジションの役割について触れていきましょう。

①ゴレイロ

ゴレイロはサッカーでいうゴールキーパーです。ゴール前に構え、相手からの攻撃を阻止します。フットサルはコートが狭いので、その分至近距離からのゴールが多いですが、それでも恐れずに積極的にセーブする能力が求められます。ゴレイロは攻撃に切り替わる時にボールを味方に配る役割もあるので、的確にボールを渡す能力も求められます。

②フィクソ

フィクソはサッカーでいうDFの役割をします。ゴレイロに1番近いポジションにいることからゲーム全体が見えるため、積極的に味方に指示を送る司令塔の役割を果たします。また、相手が攻撃をする場所に位置していることから、ボールを奪われないよう、ボールキープ力が求められますし、パスカットの能力も必要になります。攻守ともにゲームを左右する重要なポジションです。

③アラ

アラはいわゆるMFです。コートの中央付近に位置しているため攻守の切り替えが非常に激しいです。コート内を上ったり下がったりと運動量が多いため、特にスタミナが求められます。基本の位置はコートの中央ですが、攻撃側になるときはゴール前に行くこともありますし、遠くからシュートを放つこともあります。色々な役割をしなければいけないポジションなので切り替えが上手い人に向いています。

④ピヴォ

ピヴォはいわゆるFWでガンガン点を取りに行くポジションです。シュートの性能の高さが求められますが、相手のDFが近くにいるポジションで激しい守備もされることからフィジカルが強い人に向いています。また味方からどんどんパスが飛んでくるので、正確にパスを受け止める力も必要になります。

フットサルの戦術とは?

フットサルにはいくつか基本的な戦術があります。この戦術を知っていればうまく攻撃できますし、また守備の際にも役立つでしょう。そこで主な戦術をいくつかまとめてみました。

①エイト

エイトはフットサルの戦術の中でももっとも基本的な戦術です。プロチームの試合でもこの戦術がとられることはよくあります。これはその名の通り、8の字を描きながらパスを回していく戦術です。敵が積極的にマークしてくる際にエイトをすればマークが徐々に外れてくるので、その間にゴールに近づき、ピヴォにパスを回すのがポイントです。

②へドント

へドントはポルトガル語で旋回を意味します。へドントではプレイヤーが円を描くようにローテーションをしながらパス回しをしていく戦術です。スペースを空けたり、マークを外したりすることが目的で、選手が自在に動き回ることから相手の守備の陣形を崩すことができます。

③エル

エルはコーナーを起点に攻撃をしていく戦術です。これはピヴォがコーナー付近に移動することでデイフェンスをコーナー側に寄せ、その隙にアラにボールをパスし、そのままフィクソにボールを渡してゴールを狙うものです。パス回しの速さが求められます。

④ピヴォ当て

これは攻撃の起点となるピヴォにパスを回す戦術です。非常にシンプルですが、攻撃に特化したピヴォにボールが渡ることは敵にとってはかなりの脅威です。ピヴォはボールを受け取った後、振り向きざまにシュートしたり、キープして上がってきた味方にパスしてフィニッシュに持ち込んだりしてゴールを狙います。ただし、このピヴォにはしっかり守備がついているので、事前にパスを回すことで守備を崩しておく必要があります。

まとめ

フットサルはゴールを守るゴレイロ、ゴレイロの近くに位置し相手の攻撃を防ぐフィクソ、ボールを運んでチームの流れを作るアラ、最前列で自ら点を取りに行くピヴォの4つのポジションがあります。それぞれ役割はあるものの場合によって全員が攻め、全員で守ることもあります。上手く試合を運ぶには戦術が必要なので今回ご紹介した戦術を覚えて実戦で生かしてくださいね。 ty60 \lsdlock

コメント

タイトルとURLをコピーしました